雨降りだニャン。
 「静粛にニャン!」

「ええ~これより第138回三丁目猫互助会合同全体会議を始めますニャン」

「まず、最初の議題はっとっ??」

「ええ~山田さんちのミケさん何でしたっけニャン?」

「はい、雨の時の三丁目公民館の軒下の利用についてですニャン。議長」

「ああ、そうでしたね。山田さんちのミケさん。いつもスミマセンニャン」

「議長。この所少し物忘れニャン……」

「えっぇっ、山田さんちのミケさん。わたしはまだまだボケてませんニャン」

「あああっ、失礼しましたニャン。議長」

「えええ~。この所雨が降ると一時的に三丁目公民館の軒下が混雑しますニャン」

「そうそう!こないだ雨の時行ったら満員で入れなかったニャン」

「八百八のトラくん!発言は尻尾を揚げて許可を取ってからにして下さいニャン」

「ああ、すみません、議長ニャン」

「その混雑の理由と混雑時に合理的に軒下を使用できるように考えましょうが議題ですニャン」

「ええとっ?山田さんちのミケさん。あの軒下の定員は何匹でしったっけ?」

「はい、議長!あの場所の定員は基本的には15匹です。それ以上は入れませんニャン」

「はいはい!議長ニャン!」

「田中さんちの権座衛門さん、どうぞ。ニャン」

「はい、議長。2ヶ月前まではそんなに混雑してなかったと思うのですが、もしかして三丁目の猫口が増えているのでしょうか?」

「ああ、田中さんちの権座衛門さん。その様な情報は入手してませんね……。何故混雑するようになったのでしょうかね?」

「はいはい!議長ニャン!」

「ケーキ屋のケンちゃん、どうぞ。ニャン」

「はい、議長!こないだ三丁目公民館の軒下によったとろですね、今まで見かけたことが無い猫が5匹程いたのです。声をかけても知らんぷりで……。そして、ズ~と軒下にいるのですよニャン」

「おやっ、見かけたことが無い猫の集団ですかっ。それは、何か大変な事ですね。誰かその猫の集団についての情報を知りませんか?ニャン」

「はいはい!議長ニャン!」

「クリーニング八木のクロくんどうぞニャン」

「はぃ、おそらくそれはですね、隣の四丁目の猫達であろうと思われます」

「えっ!それは本当の事ですか!クリーニング八木のクロくんニャン」

「はぃ、現在四丁目の図書館が改修工事中でありまして、四丁目の奴ら雨の時に行き場所が無くなっているのですニャン。議長」

「なるほど、それで三丁目公民館の軒下が混雑しているのですね。三丁目防衛軍隊長磯野さんちのタマくん!この事実を把握しておりましたかニャン?」

「いえ、議長。残念ながら、我が三丁目防衛軍は、ただ今三丁目夕日が丘公園での黒い三連星ドッグとの夕日が丘公園の覇者を賭けての戦闘を続行中です。そこまでの情報収集が出来なかったようですニャン」

「そうですか、三丁目防衛軍隊長磯野さんちのタマくん。まあ、それも重大な任務でありますが、四丁目の猫達に好き勝手に振舞ってもらうワケにも参りませんねニャン。何か手はありますでしょうか?」

「はっ!議長!現在新規編成中の機動戦士ニャンダム部隊をパトロールに回したいと思いますニャン」

「おおっ!三丁目防衛軍隊長磯野さんちのタマくん!あの機動戦士ニャンダムが遂に投入できるようになったのすね!ニャン」

「はぃ、議長!長年の夢が叶ったのですニャン」

「お集まりの皆さん!機動戦士ニャンダム部隊が三丁目公民館の軒下に平和をもたらしてくれます。これからは混雑で困る事はないと思いますニャン」

おおっ!ニャアっ!ニャアああ~!パチパチパチパチ!

「はい、それでは、ココで一旦休憩に入りたいと思いますニャン。今日の差し入れは、魚勝のサバくんからですニャン」

「はいはい!議長!今日はですね、近海マグロの一夜干しをくすねて参りました。どうぞご皆さん賞味下さいニャン」

「おおおおおおっ!近海マグロの一夜干しですかっ!最近はトンと見かけなくなりましたニャン!魚勝のサバくん」

「そうでしょっ!貴重品ですニャン!八百八のトラくん」

「ほんと、とても美味しいニャン!魚勝のサバくん」

「沢山ありますから、ゆっくり食べてくださいニャン!山田さんちのミケさん」

「議長。お味はどうですニャン?」

「いやあああ~魚勝のサバくん!とても美味しいですニャン!やっぱり一夜干しは近海マグロに限りますニャン!」

「そうでしょうっ!そうでしょうっニャン。議長!!」

「ああああ、そろそろ休憩も終わりかと思っておりましたが、もう少しゆっくりしましょう。なにせ我々猫はゆっくりのんびりしてないといけませんからニャン!」


ニャアっ!ニャアああ~!パチパチパチパチ!



出演:
議長
山田さんちのミケさん
八百八のトラくん
魚勝のサバくん
クリーニング八木のクロくん
磯野さんちのタマくん
田中さんちの権座衛門さん
ケーキ屋のケンちゃん
[PR]
by katuo0076 | 2005-06-30 13:31
<< すくい愛そうめんの季節です。 短歌「雨」11 >>