10月10日マグロの日に開店しました回転寿司屋です。
「いらっしゃいませ」

「ここ最近開店したの?」

「はい、本日、10月10日マグロの日に開店しました回転寿司屋です」

「へー」

「っか、可笑しいですよね。お客様」

「なにが、開店しました回転寿司屋なんて、うひひひ」

「そうですか」

「だって、開店が回転ですよ」

「たぶん、ダジャレでの導入部分としては上手くいってないと思います」

「あら……」

「と、言うかダジャレにもなってません」

「なにぶん久しぶりなもので……」

「それよっか、何か本日のお勧めとかないのですか」

「はい、まってました。本日10月10はマグロの日です」

「やはり、お勧めはマグロですか」

「ええ、もちろん。近海物からインド洋。南太平洋から地中海産まで」

「おお」

「世界中のマグロを取り揃えております」

「そしてマグロと言えばアレですね」

「そう、アレです」

「頭の良くなるDH」

「お客さま!言わなくとも判っております!」

「おお」

「当店のマグロには頭の良くなるアレを沢山含んだ」

「おお」

「近海物からインド洋。南太平洋から地中海産」

「はい」

「世界中のマグロを取り揃えて御座います」

「おお」

「では、さっそくこちらを」

「おお、これは」

「とれたて新鮮インド洋産ミナミマグロ中トロです」

「ではさっそく。ぱく」

「お肌ピカピカになるDHC濃密うるおい美容液入りです」

「え?」

「DHC濃密うるおい美容液です」

「なんか違うでしょ」

「ぇ、せっかくお試し無料セット手に入れたのに」

「っか、美容液混ぜたのですか?」

「はい」

「おえー」

「失礼しました」

「もっとちゃんとやって下さい」

「では、気を取り直して、こちらを」

「これは?」

「一口食べますとあっという間に海外に宅配される」

「は?」

「国際宅配便DHL入りです」

「ぇ?」

「あ、食べましたね」

「は」

「では、ブラジルまで明日の朝までお届けします」

「ぇ!」

「いってらっしゃい」

「あ、まて、ちっと、待って」

「何か?」

「わざと間違えてませんか」

「いや、そんな事はありませんよ。お客さま」

「あの私が言いたいのはDH」

「判っております!!みなまで言うな!お客さま!!」

「あ、はい」

「気負とり直してこちらを」

「今度は大丈夫なのでしょうね?」

「もちろん」

「ぱく」

「あ!お客さま!危ない!!ふせて!!」

「ぇ?何、なになにっ」

「お役さま。どうやらテロリストが狙っているようです」

「ぇ、なんですって。テロリスト」

「ええ、でもご安心下さい」

「は?」

「先程お客さまが召し上がったマグロには」

「マグロには?」

「たっぷりのDHS(アメリカ国土安全保障省 U.S.Department of Homeland Security)」

「は、DHS?」

「そう、DHSが含まれています。お客さまの安全は連邦政府が保証致します」

「あ、いや、別に寿司食いに来ただけだから」

「大丈夫ですご安心下さい」

「そこまで安全保証されなくていいでけど」

「ご安心下さい」

「っか」

「はい、何でしょうお客さま」

「やっぱり、ワザと間違えてませんか?」

「あ、伏せてお客さま!」

「痛っ!鼻打ちました!」

「大丈夫です。命と比べたら鼻の高さなんて小さい物です」

「あ、いや。そうではなくて」

「なんでしょう、お客さま」

「やっぱり、ワザと間違えてますよね」

「いっや、そんな事は」

「私が言いたいのは、DH」

「わかっております!!お客さま!!」

「ほんと判ってますぅ?」

「では、こちらを!」

「なんですか?このバットとヘルメットは」

「もちろん!DHOです」

「は、DHO?」

「9番ん〜!DHっ〜!お客さまああ〜!!略してDHO」

「はっ?」

「さっ、早くバッターボックに入って!」

「っか、いつのまに回転寿司屋にバッターボックスがっ」

「ピッチャー第1球振りかぶって投げました」

「ぶるんっ!」

「ストライクぅ〜!!」

「けっこう速いですねっ」

「ええ、これでも、昔はメジャーの3Aマグローズのエースでした」

「マグローズなんてありましたっけ?」

「ピッチャー第2球振りかぶって投げました」

「ぶるんっ!」

「ストライクぅ〜!!ツゥーー」

「くう〜」

「ピッチャー第3球振りかぶって投げました」

「ぶるんっ!」

「ストライく〜!バッターアウトっ!」

「く、やられた……」

「ふふふふ、わたくしの球を打とうなんて100万年早い御座います」

「っか、やっぱり、ワザと間違えてますよね」

「いっや、そんな事は」

「私が言いたいのは、DHA」

「あっ!言っちゃったっ」

「何っ。あ、言っちゃったって」

「ああ〜、ええととおお〜、DHAの事ですか」

「そう、DHA。ドコサヘキサエン酸」

「なんだ、それなら、そうと初めから言って下さいよ」

「っか、あなたが、言わせなかったのでしょ」

「おお、それは、すみませんでした。お客さま」

「判ればいいのですよ」

「では、気を取り直してこれを」

「あれ?何もないですよ」

「あ、すみません」

「は?」

「他にDH○探したのですが、見当たらないのでネタ切れです」

「ぇ、やっぱ、ワザと間違えてたな」

「じゃ、閉店で」

「おぃ」

「お客さま。お会計3万5600円になります。バットとヘルメット込みですよぅ」

「おぃ、おぃ」




TB:
女クロマグロってどうよ?
[PR]
by katuo0076 | 2009-10-10 09:48
<< 090:長(富田林薫) 089:テスト(富田林薫) >>