<   2004年 12月 ( 35 )   > この月の画像一覧
おおおいぃははぅてっからいらんぃねぅねっぅぅわぅぃぃぃどんがらがっちゃんねぅぅっぅおぃわぅあぃぅ!
え~・・・・・・・・・・・・。
まったくぅ・・・意味不明のタイトルですねっ・・・・・・・・。
まっ!それはそれでっぅ!よしなにぃ!







行く年来る年!

















来年も







  ヨロシクぅぅぅ!!


















大いなるっぅ!手抜きですかぃぃぃぃぃぃ!!



















ではなくてですねっぅ!!






















大晦日!




といった事で12月31日を迎えてしまいましたねっ!
しかも・・・雪まで降ってます・・(あっ!東京西部・・山の方・・マグロ市外れ・・地方はっぅ!!&もう・・・20cmは確実に積もってますがっ・・)
まっ!今までに何度もっ!何度もぃ!迎えてきてはいるのですが・・・・。
何回迎えたかは秘密!!えへへへへ(笑)!!(まあああ~今まで書いてきた、万博ネタやヤマトネタやガンダムネタなどから勝手に想像して下さいぃいぃ!確実にそんなもんですわっ!)
それにしてもっ!!今年はっ!また!また!また!格別に違うような気がしますっ!
それと言うのも・・・・こうやってその日!その日っ!を記しておけるからですからわっ!
今までは日々をさらと・・さらっと・・流してきた自分です・・・・。
改めてこの様にBlogで日々何かを記す事を始めてみますと・・・。
同じ繰り返しだと思ちょった毎日が送りバント・・・え~・・・ではなくてですねっ!
毎日がぜんぜんまったくそれぞれ違う日々であると思うわけです。
毎週月曜日には会社に行き金曜日まで仕事っ・・・。
土曜日は酒飲んで日曜日にも酒飲んでっ・・パタッと寝てしまう・・。(あっぅぅ・・行動はその繰り返しである事は間違いないのですがっ・・・)
その日の中で自分が思っている事とか、その日考えた事、とかは毎日、毎日違うのですねっ!
つくつくとっ!そう思います。
皆さんもそやって日々の事記している訳ですねっ!!
まあ~・・・9割がた?嘘で固めたブログでうがっ!1割の真実と!10割の笑と!10割の愛を?送り届けられた事はたいへんによかった事です。
本当ウニ!イロイロと皆さまありがとう御座いましたっぅぅ!!
溢れる20代のPOWER!葛藤する30代のPOWER!がっぅ!
私にホンとにPOWER!を与えてくれましたっぅぅぅ!!
はてさて?何時まで続けられるかは今はわかりません・・・。
でも、皆さんがいらはる限りは頑張って続けて行きたいとは思ちょりますってぃ!
なんか今年最後のネタでもやりたいところですがっぅ!
あまりぃぃ!考えつかんで酢からっぅぅぅ!!
これでっ!今年の最後の更新にさせて頂きますっぅ!
あとは!紅白でマツケンサンバⅡを観て2004年を締めくくりたいと思ちょりますっ!
ではっ!またぅ!来年もどうぞぅぅぅぅ!ヨロシクお願い申し上げ奉りますっぅ!!
てぃ!







じゃっ!






今年最後のっぅぅ!!!







あぃぅ!
















やっぱりぃぃ・・・・・・・・手抜きですかぃぃぃぃぃぃ!!




















しかしぃぃ!!









おまけっ!










自画像!!




a0019249_17385365.gif









つかっ!




 やっぱりぃ!




  魚かよ!








似てんのかっぅ???





え~・・・・・・・・。







知らんてっ!








 2004年ぅぅ!




  以上っ!

[PR]
by katuo0076 | 2004-12-31 17:47
ある人だけに!その人だけに!伝えたい!この思いをっ!うはっはははははははっ!
お歳暮にハムをもらった人いますか?
「ぶちまけ美術館~ロゴ募集中!!」ハムが食いたくて食いたくてどうしようもないっ!毛布さまよりトラックバックで御座いますわっ!
ふふふふふふふふふふふふっ(笑)!!!

a0019249_1575120.jpg



といったワケでっ!

ハムを頂きましたっぅぅ!!




けけけけけけけけけけっ(笑)!!




どうぅぅ~ですかっ!!







毛布さん!!









更にっ!!

a0019249_1582345.jpg


ビールまでっ!!





どうぅぅ~ですかっ!!





毛布さん!!






いひいひいひいひいひっ(笑)!!





コレで鰹家は毛布家より100万倍!!ゴージャス?&素敵?&リッチ?&セレブ?なお正月が迎えられる事でしょうぅぅ!!





あああああ~!!!






あぃぅ!
[PR]
by katuo0076 | 2004-12-30 15:11
僕は幾千万の時と幾千万の場所を越え進んだ!いつの日かあの場所で再び巡り合える事を信じて。
「4年ぶりか・・・・」
僕はそう呟くと生れ故郷の香りを一杯に吸い込んだ。

何故旅立たなければならなかったのか?
今でも判らない・・・・・。
立派な大人になる為?男になる為?それとも何か別に理由があったのだろうか?
僕の中に面々と流れる先祖からのDNAがそれを呼びかけていたのだろうか?
まさかねっ・・・そんな大そうな理由などあるわけがない・・・・。

あの時は、ただ、ただ、単に全ての思いを断ち切って旅立たなければならないと思った・・・それだけだろう・・・・。

そして、4年の月日が流れ・・・僕は今、またこの場所に戻ってきた。

そう・・それは、それだけは、判っていた。
きっと、またこの場所に戻ってくると言う事は・・・。

4年前、この場所から旅立っていったあの時のままの、懐かしい香り、風景が僕を優しく迎えてくれた気がした。

でも、感傷に浸っている時間はない。
彼女を探さねばならない、4年前共にこの場所から旅立っていった彼女を・・・。



「何処へ行くつもりなの?」
「えっ・・・まだ決めていない・・・」
「そう・・・」
「とりあえず、北に向かうつもりではいる・・・」
「ふんんん~・・・・」
「君は何処に行くつもりなんだい?」
「あたしも決めてないわ・・・同じように北かもしれないし・・・違うかもしれない・・・」
「そう・・・」
「でも、また会う事が出来るわ・・・多分・・・4年後・・・」
「えっ??4年後・・・」
「そう、4年後に・・・あなたとあたしが求め合うなら・・・きっとこの場所でまた会う事ができるわ・・」
「そう、そうそうだね、きっと」


「じゃ、あたし行くわ・・・」


「そう・・・じゃ、元気で・・・」


「あなたもね・・・・」


「じゃ・・・」




あの時の・・・。
短い、短い、別れの言葉を思い出した・・・。
・・・また会う事が出来るのだろうか?
それを信じて生きてきた僕は・・・果たして正しかったのだろうか?
いろんな疑問が頭の中に渦巻いた・・・まるで僕を不安に陥れるかのごとく・・・。


まっ!今更思い悩んでもしょうがない・・・僕は戻ってきたんだ。
そう!なるようになるさ!
きっとそれが運命だろうから・・・。




とっ!
その時・・・。
僕は視線を感じた・・・。
それは・・・。


熱い!
熱い!
視線だった!



僕は回りを見渡した。

そして、そこには・・・・・・・。

まるで僕を誘うかのように口元に妖艶な笑みをたたえた女が佇んでいた。

「あっっ・・・・」思わず声が漏れる。

あの・・顎のライン・・・・間違いない彼女だ。
4年前と比べたらふっくらしただろうか?
でも、その姿は4年前から想像も出来ないほど素敵な女になっていた。
赤味を帯びた頬が揺れ、妖艶な口元とが笑いかける、そして潤んだ瞳が何かを訴えかけるかの様に僕を見つめていた。


2人の視線が熱く絡んだ瞬間!



ポン!・・・・・・・・・。



僕の頭の中で何かが弾けた。

すると突然!
「抱きたい!彼女を抱きたい!」
そんな思いが込み上げて来た。
何故?いきなりそんな思いが込上げてしまったか???
まったく僕にも判らなかった・・・。

でも、彼女も同じ思いが込上げてきたに違いないのだろう??
誘うような仕草をますます官能的に行っている・・そんな気がした・・。

「抱きたい!彼女を抱きたい!抱きたい!抱きたい!むちゃくちゃに抱きたい!」
益々その思いが込み上げる。
いや、もう、巨大ダムが決壊し激流が川を下るかのごとく・・・。
留めて置けないその気持ちが噴出したかのようだった。

「もう我慢できない!」
僕がそう言って彼女に飛び掛ろうとした時!
突然!
彼女が動き出した!
それも物凄いスピードでっ!
まるで、僕のこの気持ちを判っていながら・・あざ笑い!焦らしている!そんな動きでもあった。

でも、僕は!

追いかける!追いかける!

「まってっ!まってっ!」

そして、彼女は!

逃げる!逃げる!

「だめ!だめ!まだ!まだ!」

「何処に?行くの?」

「上よ!上!」

2人の声が川のほとりに木霊する。



僕の頭の中は・・・想像の彼女の裸身で満たされ、溢れ、こぼれ、飽和し、崩れそうになっていった・・・・。



そして・・・どれ位の時間がたったのだろう・・・。

いつのまにか、2人は・・人知れぬ清流にまで入り込んでいた。



彼女が止まる。



そして、僕を受け入れるかのように・・こちらを向いた。



「来て・・・・・・」



抱き合う!

くるおしく抱き合う!

僕達は澄んだ清流の中で抱き合い互いを求めあった。
4年間の空白の記憶をお互いの体を通して知らせるかのように。
互いの目、鼻、口、そして・・・・・・から記憶と情熱と本能と性欲がほとばしり流入する。
激流の波が出る、入る、出る、入る、を繰り返す。
彼女の顎が興奮で打ち震え、うっすらと開いた目は空を観ていた。
「あぅぅっ・・・・」吐息が漏れる。
僕も・・・もう既に自分を抑えられなくなってしまっていた・・・。
激しく、激しく、彼女の体のあらゆる部分を触れ、愛で、そして確かめた。
彼女の頬が益々綺麗に赤く染まり、その声も興奮で打ち震え、途切れ途切れになりながらも、強く強く喜びを発していた。
「あぅぅっ・・・・」
「うぅうぅっ・・・・」
そして、興奮は最高潮に達し、互いの体に熱を帯びながら清流の中を転げまわった。

バシャッ!バシャ!バシャ!

水しぶきが誰もいない清流の中に響き渡る。
2人だけの2人の為だけのこの場所、この時間!

求め合う!

抱き合う!

今しかない!

せつなく抱き合う!


そして・・・。


「あっ・・・いく・・・」
「一緒にっ!!」
「うぅぅん~ぅぅ・・・」

彼女の声と同時に・・・最初で最後・・・4年間の思いをこめ・・・。

僕も射精した。
















清流の綺麗な岩陰に・・・・・。






産み落とされた・・・・・・・・・・。






沢山の卵の上に・・・・・・・・・。






同時に2人とも気が抜けたように清流の中に漂った・・・・。

4年間の思いを全てココに置いていくかのごとく・・・・。

清流に流されていった・・・。


薄れていく、薄れていく、彼女への思い・・・・。

でも、全てが終わったという満足感が僕のココロを満たしたいった・・・・。

元気に育っておくれ・・・僕と彼女の子供達・・・・。

最期にそんな思いが僕のココロをよぎったような気がした・・・・。





























・猿でも判る!超簡単!鮭の一生の説明・

鮭の多くは秋ころ日本に帰ってきて、産卵・受精します。
そのとき産み落とされた卵は、約2ヵ月でふ化して稚魚になります。

卵の中の栄養分を吸収しながら育った稚魚は、春まだ早い頃、川の流れのあるところに出て虫などを食べながらさらに成長します。
そして、やがて川を下って海へ出ます。

海へ下った稚魚はその後、沿岸に沿って移動しながら北洋へ向かいます。そしてオキアミやヨコエビなどを食べながら成長し、多くの場合 4歳になったときに、ふたたび日本の沿岸に戻ってくるのです。

ところで、鮭はどうやって自分の生まれた川が分かるのでしょうか?
それは視覚ではなく、嗅覚で識別しているのだとされています。
川にはその土地固有の有機物・無機物などが溶け込んでいて、そのにおいを憶えているということなのです。

無事自分のふるさとの川にたどり着いた鮭は、さらに川を遡り、比較的浅瀬の砂利になっている河床の、地下水の湧出するところに産卵します。
そして産卵・放精後まもなく、鮭はその一生を終えることになります。



















つか!









鮭かよ!


















追伸:足草氏に強く影響を受け???足草文学に迫るべく???この様なものを書いてみました。
まああ~・・・・・皆さんがこの年末の忙しい時期にっぅ!
鰹は・・・なんてヒマなんだろうっ・・・・・。

でもっ!
はてっ?
さて?
どうなんだろうか?

やっぱりぃぃ!
お魚ネタから離れられない・・・自分を再発見したしだいです。

ああ~!えろの世界???は奥深いぃぃぃぃぃぃ!


なんちて!
[PR]
by katuo0076 | 2004-12-29 13:10
あああ~!あったあった!そそそんなのもっぅ!!いたいたね~!今頃何処で何してるのかなあ~!
きっぱり!さっぱり?寒くなりましたっ!明日あたりはマグロ市方面でも雪が降るかもしれません!などとっとっ!お天気おねえさんが今朝のたまっていらっしゃったんですがっ!ホンとすかぅ?世界では大地震なんかも起こってしまって!M9ですよっ!笑ッカーアジア支局長もイロイロと大変な事と思いますっ!とっ!何かとせわしない年の瀬を迎えつつある今日この頃・・・皆さま如何お過ごしでしょうか?この所昔々話を津々浦々と語っては独り思い出に浸っています・・・まるで死期が迫ったアフリカゾウが総ての思い出掻き集め象の墓場へと独り歩いている様でもあります・・・あっ!アフリカゾウは好き!といった訳で老い先短い?鰹です!こんにち魚!

え~・・・・・・・・・・・・・。

小学生の頃でありますがっ・・・。
わたくしの回りでっ!一大釣りブームが巻き起こりました。
理由は判りません・・・・。
もしかしたら・・・当時の人気漫画「釣キチ三平」の影響があったのかもしれません・・・。
がっ・・・。
時代が同じだったかどうか?はて?さて?もう判りませんでしたっ・・・。

釣り場わっぅぅ!
わが街を横切り流れる某一級河川に架かる国鉄(当時・・・)○○本線○○鉄橋のたもとあたり・・・・。
楽しくて!楽しくて!結構通いましたっぅ!
ハゼ!ボラ!辺りが釣れたのではなかただろうかっ・・・なっ!!

でっ・・・やっぱ鉄橋渡りますよねっ!
途中の橋げたのところには梯子がついてて下に降りられました。
川の真ん中辺りでいい釣り場となっておりました。
汽車(当時は・・・そう言いました・・・・)なんってめったにこんから・・・・。
平気でテクテク歩いて渡ってました。

はぃ!情景描写は下手なわたくしです・・・・。
のでっ・・・。
ココはっ!ご自分でっ!
スタンド・バイ・ミーの一シーンを想像してくださいぃ・・・・・。

ボン♪ボン♪ぼぼぼん♪ぼん♪

When the night has come
And the land is dark
And the moon is the only
Light we'll see
No I won't be afraid
Oh I won't be afraid
Just as long as you stand
Stand by me, so

Darlin', darlin'
Stand by me, oh stand by me
Oh stand (now), stand by me
Stand by me

はぃ!想像できましたでしょうかっ!!
想像は発明の母ですっぅ!!
きと明日には新発明が生まれるかもしれませんねっ!??


え~・・・・・・・・・・。

スタンド・バイ・ミーときましたらっぅ!!
やっぱりィィ!次の展開はっぅぅ!!

汽車が来たのですねっぅ!
あはははははははははっっ!(やっぱりぃ!
警笛とともにぃぃぃぃぃぃぃぃ!!迫ってくるぅぅ!迫ってくるぅぅ!

一瞬パニック!!!!!!!

「あらららうぅ~!こらああ~!飛び込むしかないのかぃぃ!」
などと思ったかどうか定かではありませんがっ・・・・・・。

ちょうど!橋げたのそばで、梯子に取り付いて川に飛びこむ事態は避けられました。

いはああ~!十分にスタンド・バイ・ミーではないでぅかっぅ!!


しかし・・・・・・しばらくすっと・・・・案の定!学校から鉄橋で遊んじゃいかんとお達しがでました・・・。
あらららら・・・・・・。
後で聞いた話ですが・・・某同級生君が汽車を止めちまった!とっ!言う事でっ!当時の国鉄総裁?が烈火のごとく怒りまくりぃぃぃぃ!小学校の校長に文句を言ったらしいと言う事です?

そそそいったわけでっ・・・。
My釣りブームは下火となりました。
しかし・・・・誰と?一緒に釣りに行ってたかとかは・・・・もう覚えてません・・・。
誰か??同じ様な記憶がある方おりませんかぃぃぃ????
もしいたら!
その方はきと昔々生き別れになったっ!わたくしの双子の兄に違いありませんっつ!!!
ああああ~!お兄さまっぅ!!!
鰹はココに!ココに!ココに!こうして生きていますっぅ!!
あのっ!あのっ!釣りの思い出を胸に抱きぃぃぃぃぃぃぃ~!!!




え~・・・・・・・・・・・・・・・・・。

もう少々続けます・・・。
Myブームの話2
同じく小学生の頃!あのローラースケートで有名な!光GENJIの「パラダイス銀河」が流行りましたっ!

あっ!

嘘です!!
明らかに時代が違います・・・・・・・・。


え~・・・・・・・・・・・・・・・。

ローラースケートが流行りましたっぅぅ!
運動靴にベルトで縛り付けるやつです!
初めは家の近くで普通に遊んでたんだと思いますが・・・・。

がっ・・・・・・・・。

だれが考えたか「近くの○○公園の横の坂道をローラースケートでノンストップ猛スピードで下ちゃるっ!」
ってぅ遊びを始めちゃったのです!!
なんかそれが出来るのは英雄と拝められておりましたっ!!
はぃ!当然!!わたくしわっぅ!!

小心者慎重派!でありましたから・・・。
そのようなチャレンジは出来ませんでした行いませんでした!!
君子危うく似近寄らず??
二兎を追うものは一兎も得ず??

しかし・・・またまた・・・・しばらくすっと・・・・。
案の定!学校から・・・・・坂道でローラースケートで遊んじゃいかんとお達しがでてしまいました・・・。
どうも・・・坂を下りきった所が普通の車が通る道でしたから・・・またまた誰かが車を止めたようでした・・・。

といた訳で・・・・。

Myローラースケートブームは下火となりました。
これまた誰と?一緒だったか?とかの記憶はありません。
誰か?同じ記憶ある方おりませんかね??
もしいたら!
その方はきと昔々生き別れになったっ!わたくしの双子の兄に違いありませんっつ!!!
ああああ~!お兄さまっぅ!!!
鰹はココに!ココに!ココに!こうして生きていますっぅ!!
あのっ!あのっ!ローラースケートの思い出を胸に抱きぃぃぃぃぃぃぃ~!!!


え~・・・・・・・・・・。

シツコイでぅかっぅ?????

じゃっ!今日はこの辺で止めときますっ・・・・・。

また明日っ!てぃぃ!!!
[PR]
by katuo0076 | 2004-12-28 14:08
カリスマ店員?は鮮やかに大笑いしながら、2004年を振り返るフリをしてみたりしてみる。
皆さま片方イロイロと2004年を振り返る記事を書き上げてらっしゃいますねっ!ぅ!
さて、わたくしも昔々の話ばかりで昔々を振り返っておりましたが・・・。
やはりぃ!
2004年わたくしのBlogライフを振り返らねばならないぃとぉう思いまして・・・・。
月別の記事なんど見返してみようかな?
とっ・・・月別記事一覧を表示してみましたっ・・・・。
がっ!
判らん!
判らん!
タイルから内容が殆どっ!さっぱりぃぃ!判らん・・・・。
いああ~ホンとになんでこんな長いタイトルとか付けているでしょうかね・・・・。
やはりぃ!見返すことって考えておりませんね・・・・。
その場での思い付きが大半ですから・・・まっ仕方ないと言えば仕方ないですが・・・。
そそそ!今更過去に書いた物を読み直してみても恥ずかしいだけですから・・・やめましょっ!やめましょっ!

ところでっ!皆さまはタイトルってどの時点で付けますか?
タイトル決めて書き始めますか??
それとも、最期に決めますかっぅ??
どちらが多いので消化ね??
トラックバックの場合とかはタイトルがある程度決まってしまう事がありますがっ・・・。
わたくしは、もうぅぅぅぅぅ~殆ど一番後にタイトル決めますねっ!
そして、なるべく内容から連想できるよにしようとしますがっ・・・・その時の気分が反映されれる事が多いです。
ので、あまり内容と一致しない事もあります、(あっ!大半内容と一致してません・・・・)そして、長いです。
もう、始めた頃から長めにタイトルを付けていましたね・・・・・。
たまに、プレビューからアップしようとした時に怒られます。
あと、何文字減らせっとかっぅぅぅ!
その場合が一番困りますねっぅ!!!
もうぅぅ~!本文より考えたりします。
ある種の趣味みたいなものですねっ???
でも、結局!あまり役に立たない(後からタイトルから内容が想像できない・・・)たいしたタイトルでもないのです・・・・。

そうそう、話し変わって・・・・。
わたくしこう見えましても・・・昔はアパレル業界に籍をおいていた事があります。
嘘ではありません!!!!
あっ!今までココに書いてきた事の9割がたは嘘ですけどっ・・・・・・。
これは!ホンとですっぅぅぅ!!
(また大きく話が飛びますねっぅ!そっ!結局・・・またまた昔々を振り返るわけですわっ・・・・・・。)
横浜、吉祥寺、渋谷なぞを渡り歩きぃ!服の販売なんぞしておりました。
渋谷では109の地下1Fなんぞで毎日カリスマ店員をしていたのです。
まっ!その頃はカリスマ店員なぞとの言葉は無かったですがっ・・・。
十分に・・・ある種場違いな雰囲気がカリスマであったと思います。

え~・・・・・・・・・・。
はたして・・・・どんなカリスマ店員??だったかと言いますとぅぅ!
なんとっぅ!!↓ココにその頃の接客の模様が詳しく記されています。
ブティック店員は鮮やかに着飾る。
是非!!ご一読下さいなっ!
実は・・・・・。
あまりにも・・・わたくしの・・・当時を彷彿とさせるエピソードでしたのでっ!
びっくりこいた!のでありましたっ!
きとっ!
当時、女子高生であった?icedayさんが渋谷109にポップでキュートでイノセントでデモクラシーでラグジュアリーでテイクアウトでアバンチュールなファイアーウォールな服を買いに来たときにわたくしが接客したのですねっ!
そそうそうそ!そう言えばっ!コニシマナミ似のポップでキュートでイノセントな女子高生?にこんな服売った事がありましたんっ!
だんだん思い出してきましたねええええ~・・・・・。
やっぱいぃ!こうやって過去を振り返るのはいい事です。
icedayさんは覚えてますかっねぇ~・・・・・・・・・。

なんちて!

え~・・・・・・・・・・・。
まっ!そんな思いつきのネタはさておき・・・。

え~・・・・・・・・・・・。
不思議な業界でもありました・・。
なにせっ!残暑きびしい9月にぃぃ!!!!
「レザー・コートを売れっ!」
なんて事言うのですよっぅ!!
外はまだまだまだまだまだまだまだまだまだ暑いのですようぅ~!!
「とにかく試着させろっ!」
とかっ言うわけですっっぅ!!
まっ!夏物は単価が低いですからねっ!
それに、コノ時期はもう夏物の最期の売り切りでもあり、更に安くなていますぃぃから・・。
まかり間違ってレザー・コートとか売れてしまうと!もう万々歳な訳ですけどねっ。
まっ!わたくしはその時期には・・・そんな物売った記憶なんてありませんです・・・。
でも・・・たまに、かって行く人もいたよな気もします・・・・。
ううう~んんんん?やはりぃ!不思議でしたねっ。

え~・・・・・・・・・・・。
まっイロイロありましたが一番困ったのが水着の販売ですねっ。
「あっ!それっ!!いいなああ~!」なんて思う方もいらはるかもしれませんが・・。
やっぱぃ!ですねっ!わたくしぃぃ・・・・・・。
試着室に「いかがですか?」って声かけられませんですしぃぃ~・・・。
積極的にこれが今年の流行!なんて勧め方するのもなんでしたしぃぃ~・・・。
なるべく、そのコーナーからは遠ざかっていた訳です。
でもっ・・・。
ある時は、そのまま試着室からでてこられて、どう?とか聞かれた事もありましたねっ。
「あっ!いいです!」
と言葉少なく答える訳です。
なんてシャイだったのでしょうかっ・・・・。

ああ~!!!!!!!!
今にして思えばもっとぅぅ!もっとぅぅ!もっとぅぅ!観ておくべきであったっ!!
いえいえ、そうでなくて・・・。
今しにして思えばよく・・そんな事出来てたなあああ~とぅ思う訳です。
なにせ、知らない人と楽しく会話シナケレバならないのですよっ!わたくし(シャイですから・・・?)
あまりそれって得意ではないはずなのです。
仕事だからと思えば出来たのでしょうか?いわゆる演技?だと思えば・・・・。
え~・・・・・・・・・・。
結局!!6年程やっておりました。

よく続いたなあ~・・・・・・・・・・・・。
とっぅ!
ホンと!ホンと!!

こうやって昔々を振り返ると結構書くことありますねぅぅ!
そして・・・・今頃思い出すことになるとはねっ!
まっ!それが今年Blogを始めた事で一番!良かった事でしょうかねっ!
薄れゆく記憶を掘り起こし留めて置く事!これもきと!必要ですわっ!

おおおおっ!いい〆じゃってぃぃ!!

そうそう!
[PR]
by katuo0076 | 2004-12-27 14:52
だらだら・・・その2 (3ヶ月半の時を超え・・・時を駆ける少女・・・といえば原田知世・・・??)
だらだら。
「MS.POKERFACE」さまよりぃぃぃ!美味しく頂きましたっぅわっぅ!わつぅぅ!ワンツウ!パンチ!ぃ!・・・・・・・・・・・・・。
人生はワンツゥぅパンチぃぃ!
汗かきべそかき歩こうようぅ♪????????????
ほとんど・・・・・・・・・・・・・知らんてっぃぃ・・・・・・・・・・・・。




原文・・・・・・。

明日から16日まで夏休みです。
学生時代は2ヶ月も遊んで暮らしてましたが、社会人になってからはたった5日。
有給は、あってないようなもの。でも、夏休みあるだけましですね・・・



こんな風に過ごしたいのはやまやまですが。
(カメラの接写機能をやっと理解した)







原文ではないぃぃ・・・・・・・・。

12月30日から1月4日までお正月やすみです。
学生時代は(もう・・・・・・・・・記憶が霧の彼方で霞んでますが・・・・)年中遊んで暮らしてました(オィ!)が、社会人になってからはたった5日。
有給は、とっちょらんてぃぃぃぃ。でも、夏休みはありましたわねっぅ・・・

a0019249_22464816.jpg


こんな風に過ごしたいのは山々(山岳部ではありませんでしたてぃぃぃぃ!!おどろくなかかれっ!中学生の時はテニス部ぅぅぅぅ!)でぅがってぃばてんっぅ。
(カメラの・・・拙者!侍では御座いませぬぅぅぅ!通りすがりの只のお魚ようっとぅ!!残念!・・・とぅ・・・やっと理解した)







まっ・・・・・・・・。
昨日たまたま同じものが手に入りましてねっぅ・・・・・。

まっ!
思いつきでうからっ・・・・・・・。
よしなにっ・・・・・・・・・・。
[PR]
by katuo0076 | 2004-12-26 22:52
そして、またまた昔を思い出しぃぃ!ココに記して忘れないよに・・・・。
え~・・・・・・・・・。

バントさんクリスマスTB企画ジングルベルが聴こえない ~サンタ予備校卒業試験~
にすっかり乗り遅れた感があります・・・・・・。

え~・・・・・・・・・。

と言いましても皆さんのように素敵なお話は書けませんから・・・・・・。
トラバはあきらめて・・・・・・。
また過去を振り返ってみます。
そしてっ!世代間断絶を更に更に深めて行きたいと???(特に意味は有りません・・・何となく言葉を思いついたからです・・・)思ちょります。

え~・・・・・・・・・。

一般的に仏教徒である私たち日本人にとって、特に戦前戦中を通じて敵国の風習であるクリスマスは当然のことながら馴染みの無いモノでありました。
その風習が一般的に仏教徒である私たち日本人に受け入れられるようになったのは、戦後その宗教的観念のタガが緩み、もともとそれ程一生懸命に宗教たる物を信じていなかった日本人の一部に受け入れられるようになったからです。
特に高度成長期においてそのその風習はおされな物として各中流家庭に取り入れられていったのです。
かくゆう私の家もそんな中流家庭の一部ではありました。

がっ!しかしぃ!

年中休まずにお魚を売り続ける商売ですからっ!
クリスマスといども休むわけでゃありありません。
やはりぃ!クリスマスには鯛?が売れるっ!
かきいれ時でありあます。
朝から、晩まで鯛?を売り続けるのです。
やはりぃ、高度成長期における日本人は何かを勘違いしていたのでしょうね。
何で、鯛?なのですかぃ??
そもそ、その辺りが間違っているのですねっぅ!!

まっ!それはさておき・・・・。

そのように忙しいぃぃ毎日を過ごしている訳ですから・・。
クリスマスといっても別段普通の日と変わりが無いわけです。
でもっ、一つだけ・・いや二つ程・・・記憶があります。

コウ見えましても私、カトリック系幼稚園と言う物に通っておりました。
あらっ・・・・・・。
あまりお似合いにならないっ!って言わないで下さい。
幼少の頃はそれは!それは!可愛らしい子供だったのです。
でっ!その幼稚園では毎年クリスマスの日にクリスマス劇をします。
キリスト誕生のお話ですねっ!
はぃ!当然の事ですがっ!私は聖母マリアさま役です。


嘘です。

羊飼いの役でした。
でも、それしか覚えていません・・・・・・・・。

え~・・・・・・・・・。

じゃ!何を覚えているのかと言いますと・・。
それが終わったら、プレゼンが渡されるのです。
サンタがやってくるのですねっ!
当然ながら、保護者の方々です。
その時はもうサンタなんぞ信じていなかったのでしょうか、やってきたサンタの一人によく知っているサンタが・・・。

はぃ!父親でした!!

私の前を通って行きます、その時、サンタのベルトが外れ掛けていました。
私は、父親である事を気が付かないようココロがけながら「サンタさんベルトが外れかけていますよ!」と一言注意してあげました。
ああ~なんて親切な?子供だったのでしょうか?それとも、冷めていたのでしょうか??
まっ、もう昔々の事ですから・・・・・・・。
それ以上のことは覚えていませんし、今更その時何を考えていたのかすら浮かびません・・・。
だから何???なんて事は言わないで下さいぃねっ・・・・。
薄れ行く過去の記憶をココに留めて置く事も、きと必要な事なのですわっぅ。

え~・・・・・・・・・。

その2!
食の事になります。
クルスマスケーキ!なんて物があったかどうか??それも覚えてませんね・・・・。
でも、クルスマスケーキぐらいは食っただろうなっぅ!!
そそそっ!言えば、アメリカではクリスマスケーキ無いらしいですようぅ!
クリスマスクッキーだそうです!!
昨日の朝のテレビでやってましたっ!!
とぅ!いう事はでうねっ!!クリスマスケーキとはっ!!
やはいぃぃぃ!バレンタインデーがチョコレート屋さんの策略のよにっ!
ケーキ屋さんの策略になるのでしょうかっぅ???
はてっ??

え~・・・・・・・・・。

話を戻しますっぅ。
クリスマスの時期に食った物!!
と言えばっ!!
覚えているのは、鳥のモモ焼きです。
フライドチキンではありません!
当時はセブンイレブン、マクドナルドすら・・まだ日本には無かったですから・・・。
ましてや、ケンタキーフライドチキンなど有るはずもありません。
あくまでも、鳥のモモ焼きです。
味付けはどうだったんでしょう?ただ単に塩、コショウだけだったのでしょうかねっ??
はて?どうだったのでしょうかっ??
でも、たいへんに美味しかったです。
ただそれを食べるだけで気分はクリスマスだったのでしょう!
毎年年末は商売が忙しくなるうちでありましたがっ!
そんな中でも、そやってお祝いしてくれていたのであると思ちょります。

うむぅ!

まっ!
それぐらいですわっ!
覚えているのわっ・・・・・・・・・・。

年々、記憶が薄れていく今日この頃・・・・・・・・・。
でも、少しでも書き留めておけるそんな事が出来るのがコレですねっ!
ほんと!ほんと!ほんと!ほんと!

うむぅ!

そしてっ!!!!

やはり!クリスマスとは子供たちの為!にあるのでしょう。

決してっぅ!!
ふらふら、いちゃいちゃしてるカップルの為ではありません!

子の成長を願いプレゼントをあげるそれが楽しみ。
今はそのよに思わないでもありません。

うむぅ!

きとそうなのでしょう!!
[PR]
by katuo0076 | 2004-12-25 13:25
ヒロインは90歳の少女。恋人は弱虫の魔法使い。ふたりが暮らしたっぅ・・・・・・・・・・・・・・・!!
といったワケでっぅぅぅ!!

久々にっぅ!!!!!

映画を観に行って参りましたっぅぅぅぅ!!

ええええ~っ!!!!

そうそうそうそう!!!

























a0019249_19272233.gif




ハウルの動く城!
























ですってば!!







え~・・・・・・・・・・・・・。




きとっ!わたくしたちが帰ったあとはっ・・・・・・。
生臭くっ・・・・・。
ほのかな潮の香りが残っていたでしょうっ・・・・・・・・。
え~・・・・・・・・。
掃除のおばちゃんすみませんっぅ!!
シート・・・・・・・。
湿らせてっ・・・・・・・・。

ポップコーン!!!!!!!
大量にこぼして・・・・・・・・・・・。








感想:
(まっ!そんな!たいそな事じゃありませんがぅぅぅ)
宮崎駿集大成なんでしょうねっぅ!!
随所に今までの作品が散りばめてありましたっぅ!!そんんんんんんんな感じでしたっぅ!!
いろいろ?どうなの?って?言われていたキムタクでしたがっ!まったく違和感無くぅ!素敵でしたっ!
それよりぃぃ・・・まっこれはっ・・・・観た方でいろんなご意見あるかもしれませんがっ・・・・・・・・・。
ソフィーの倍賞千恵子はううう~んんんん・・・・。
あまり好きくなかったでしたっ・・・・・・・・・・・。
もっと若い声でよかったのではないか?????
とぅぅぅぅ思ってしまいましたっっっ・・・・・・・・・・・・・。
まっ!人それぞれですからっ!
あくまでもっ!個人的感想という事でっぅぅ!
でもそれ以外の声はすごくよかたです。
ああ~・・・・・・・・・・・。
美輪明宏さまっぅぅぅ!!!
なななななんあなんんんてぃぃ!
ピッタリぃぃ!素敵なんざんしょっ!!
すごく素敵な面白い映画であるとっ思いましたです。
まっ・・・・それほど映画なんか観ないのですがっ・・・・・。
行ってよかったと思う作品でありましたっぅ!!

え~・・・・・・・。
子がさっ!!直前ににににぃぃぃねっ!
ハウルじゃなくてっぅ!
さっ!
Mr.インクレディぶるがいいいってさっぅ!
言いやがってっぅぅ!!
えええ~っ!
前売り買ってあるからっ!ハウルを観るのよっ!
ってぃぃ!言い聞かせてねですねっぅぅ!
観たのでぅねっぅ!
もぅぅぅ~・・・・・・。
Mr.インクレディぶる!!
これも観ないといかんですねっぅぅ!!!
え~・・・・・・・・。
そのうちDVDになるよねっぅ!!
それまちじゃっ!だめですかぃ!!!!!!!!!
[PR]
by katuo0076 | 2004-12-23 19:28
この街の空は何処かであの街の空と繋がっているのだろう空はいつも一緒になっている。
某代々木公園の木々もすっかり冬の装いを整えました。そう言えば約一ヵ月前に某代々木公園に打ち棄てた「近海マグロに焼きをいれる」のタイトル看板も地中バクテリアの活動により、もうすっかり分子崩壊し土に戻って豊富なDHAを回りの木々や地中の生物達に分け与えている事でしょうか?なんちて思う今日この頃、めっきり寒くなってきました。クリスマスまであと少し、皆さま如何お過ごしでしょうか?鰹です。


そういった訳で凧揚げの話ですねっ!
今回は脱線しないで行きたいとは思ちょります。

私が幼少の頃は凧と言えばヤッコダコであったと思います・・。
そうそう!そうです!
タケヒゴに紙を張った奴ですね、そんなのしか無かったと思います・・。

はてっ?当時いかほどした物なんでしょうね??
今買うと・・そんなヤッコダコの方がきっと高いに違いありませんね!
それこそ、江戸ヤッコダコ職人さんが一つ一つ手作りしてます(え~・・・多分?)
って具合でしょうかねっ!
でっ!!当時の値段ですねっ!
でもっ・・・そんな事すら覚えていませんね・・・。
まっ!それ程高い値段ではなかったのでしょう!と値段の話は締めくくります。

キッパリ!

さて当時・・・・。
コノ時期になると凧を買ってきては、稲刈りが終わった田んぼの中で凧揚げをしたものでした。
そそそです!回りは広い広い広い広い広い広い田んぼでしたから。
あっ!今でも田んぼは沢山あるそうです・・・田舎ですから・・・。
そして、朝から晩まで凧揚げをしていたのです。

このヤッコダコって奴ですが、足が要ります!
何故?足つきで売っていなかったのか?今でも疑問です?
新聞紙で足を作ります、この時、足2本にするか!1本にするか!で大きく意見が分かれる処です。

ある時!隣町のガキ大将がヤッコダコの足は2本でないといけない!!と勝手に決めつけ、わが町をヤッコダコ足2本化計画に取り込もうとして田んぼまで攻めてきた事がありました。
私達はそんな横暴は許されるべきではない!民主主義の崩壊だっ!ファシストだ!とっ!民衆を代表して立ち上がり革命の実現の為、巨悪と戦ったのでありましたっ!
そう!それは、ああああのバスチューユ牢獄を目の前にし民衆が立ち上がったあのっ!フランス革命前夜!

「アンドレぃぃぃぃ~!!!」

「オスカルぅぅぅぅぅ~!!!」

草むらに名も知れず咲いている花ならば♪

ただ風を受けながらそよいでいればいいけれど♪

私はバラの運命(さだめ)にうまれた華やかに激しく生きろとうまれた♪

バラはバラは気高く咲いて♪

バラはバラは美しく散る♪


「ジュテ-ム オスカル!!」



あっ・・・・・・・・。
やっぱりぃ!話がそれてますね・・・・。
戻しましょう・・・。
クイクイクイっ(引っ張る音!)

そうそう!私は足1本派でした。
何故ですか?と聞かれても答えられないのですが・・・。
足は1本の方が安定が良かったのではないでしょうかねっぅぅ??
さてっ?実際はどうかは知りません・・・。
あとっ!1本の方が帰るときに足を巻き取って時にあまり邪魔にならなかったといぅ!合理的な理由もあるかと思ちょります。
あっ!今思いつきました思い出しました!足が一本の方がっ!断然!飛行形態が美しいのです!

幼少の頃から形而上的美を追い求める私でしたから、やはり飛形点が審判員5人すべてが10点満点の合計50点を追い求めていたのでしょう!
やはりぃ!札幌オリンピックの日の丸飛行隊は美しかったです。
時は!1972年2月6日。
札幌市宮の森ジャンプ競技場に、2万5千人の大観衆が詰め掛ていた!
そしてっぅぅ!!
札幌オリンピック!70メートル級ジャンプは、笠谷幸生選手が金、金野昭次選手が銀、青地清二選手が銅と、日本選手がメダルを独占!!!!
おおおおおぅ~!!
日の丸飛行隊という言葉はココに始まりを迎えるのですっぅ!!

そそうそ!そしてっぅぅ!!
札幌オリンピックといえば、ボブスレーですねっ!
今でこそボブスレーはジャマイカの選手が出てきたりしてっ!メジャーな冬のスポーツになりましたが・・。
当時!札幌オリンピックの時!!初めて!その!ロケットのようなソリが爆走する姿を見たときは・・・・。
衝撃でしたっ!
それなにりにぃ!衝撃もあるのでしょうねっ!ボブスレーって!乗った事はないので・・良くは知らないのですど・・。
あっ!
もし!誰か?昔ボブスレーの選手だった!
あるいはぃ!今ボブスレーを愛しています!って方いらっしゃったらその衝撃具合を言葉にして教えてください!
その言葉を胸に抱き老いて行きたいと思ちょります。

あっ・・・・・・・・。
やっぱりぃ!話がそれてますね・・・・。
戻しましょう・・・。
クイクイクイっ(引っ張る音!)

そうそう!凧揚げの話です。
まっ!そんな風にして(どんな風ですかっ?あまり話してないよなっ??)当時は凧揚げをしていたものです・・。
それが私の第一次凧揚げブームでした。

季節は流れまた次の冬がやって来ました。
また!凧揚げのブームの到来となる訳です!
第二次凧揚げブームです!
やはりぃ!第二次と言うくらいですから・・・変化があります!
そうです!既製品では飽き足らなくなった私達は様々な形の凧を作り上げるようになったのです!
進化です!!
まっ!これまたっ!あんまり覚えていませんが・・・・。
タケヒゴで飛行機型の凧を作って上げた記憶はあります!!!
はてっ!よく上がったか??どうかは・・・残念ながら覚えてません・・・・。

おおっ!何とか凧揚げの話らしくなってきましたねっ!!
これで一安心です。

そしてっ・・・その次の冬もまた凧揚げブームがやってくるのだろうとぅ!
誰もが予想していたのです。

がっ!!!!!!

その凧揚げブームの終焉は唐突にやって来ましたっぅぅ!!
アメリカからの侵略者!!!
ゲイラ・カイト!!の登場ですっぅ!
あっ!知らんですか・・・・。
えええ~・・・・・。
飛行機型のビニール・凧でしててぅ!!
もううううううううううう~!真上にぃぃぃ!真上にぃぃぃ!真上にぃぃぃ!揚がるのですっぅぅ!!
そしてっ!誰でも簡単にぅぅ!!
もうそれはまたぅ!情緒も何もない・・・・よなっ!!
アメリカンな凧でしたっ!

そうです!
脈々と培ってきた、新聞紙による凧足の作り方!(長すぎず、短すぎず・・)、いかに上手く風に乗せ高く揚げるか!そして美しい飛形点を叩き出す優雅な創り!等々・・・。
私達の凧揚げ匠の技が不要となった瞬間でした。
伝統とはこの様にして失われて行くものなのでしょうか?

更に・・・値段が高かったっぅ!!
一部のボンボンにしか買えない様な高額商品・・・・・。
まっ!一部のボンボンであった私は簡単に買えたのですけど・・・。
貧乏な回りの友達を思って・・・買う事を遠慮したのでした??????


え~・・・・・・・・・・。
そいった訳でマイ凧揚げブームを駆け足で見てまいりましたっ!
まっ!このよに凧揚げが自由に出来る場所があった事はよかったのでしょうねぅ!
今ではなかなか手軽に凧揚げも出来ませんから・・・。

そいった訳で凧揚げのお話でしたっぅぅぅぅぅ。
[PR]
by katuo0076 | 2004-12-22 12:35
全ての曲がり角を行くべき方向と逆に曲がるとすると其処には何があるでしょうかねっ?
某明治通り沿いのイチョウ並木も(あっ?ポプラでしょうかっ?え~イチョウとポプラの違いは?さて?知ってる人教えてくださいっ)黄色く色づきまくり朝方は落ち葉を掃きまくるレレレのおじさん風な人も多数見かけます今日この頃みなさまご機嫌いかがですかぃ!鰹です。

さて、このよな年も押し迫った頃に思い出すのはやはり!凧揚げですね!

わたくしが幼少の頃はタコと言えば「蛸の八ちゃん」ですね??
「のらくろ」で有名な昭和期の漫画家!田川水泡さんの漫画でス。
まっ!!お若い方は知らないと思いますが・・・・。
戦前、戦中、戦後を通してわたくしの子供時代に夢を与えてくれたものでした。
そんな時代背景の中の漫画ですから、「のらくろ」は陸軍の歩兵でありました。
しかしそれは好き好んで兵隊さんになったのではないという裏の意味が見え隠れし、作者の葛藤がしのばれる作品でもあります。
まっ、今のようにゲームボーイもDSもPSPも無かった時代・・・・それでも、漫画と言う夢を当時の少年たちに与えてくれたものです。
満州からの引き上げ船の中で、隣のおじさんが持っていた「のらくろ」全集を何度も何度も食い入るようにして見ていた記憶があります。

あっ!!すみませんねっ!話がそれました。「蛸の八ちゃん」でした。
「蛸の八ちゃん」は戦時色がつよかった「のらくろ」とは違って、戦後復興して高度成長への階段を一気に駆け上っていった日本のへのアンチ・テーゼです。
本来自由であるべきの蛸の世界ですが、八ちゃんが人間の世界を知る事により、徐々に人間のシステムを蛸の世界の中に組み込んでいってしまいます。
蛸の人間化現象!サスペンスともミステリーともホラーともつかない一大スペクタルが繰り広げられていくのです!
ぜひとも!蛸ノ内ユタカ氏を主役に据え、監督に岩井俊二、CGにピクサー・アニメーション・スタジオを使い、主題歌は宇多田ヒカルで!実写版「蛸の八ちゃん!ふぁいなる・ウォーズ!」を制作して欲しいものですっぅぅぅぅ!

あらっぅ??またああ~話がそれてましたかっぅぅ・・・。
そそそっ!何の話でした湿気っぅぅ?
ああっ!思い出しましたっ!
ヤドカリ不動産!でしたねっぅぅぅ!!!???

『ヤドカリ不動産!南氷洋の激闘!!!』
「いはあ~やっぱりぃ!南氷洋は寒いですねっ!」
「ほほぅぅ!!ナン・ピョウヨウですねっ!次の注目韓流イケメンスターはっぅ!」
「はい??????なんですて?」
「ですからっ!次の注目韓流イケメンスターですようぅ!」
「韓流イケメンスターなんて知っているのですか?
「はぃぃぃ!!今風の話題はすべてご存知ですからっぅ!」
「他には?」
「あぃぃぃ??」
「他には?」
「ペ・ヨンジュン!」
「まっそれはっ!!他には?」
「え~・・イ・ビョンホン!」
「おっぅ!他には?」
「え~・・・・チャン・ドンゴン!」
「それでっ!他には?」
「え~・・・・・・ウォンビン!」
「おなかなかっ!他には?」
「え~・・・・・・・・・・・・チョー・ヨンピル!」
「はぃぃぃぃ?????他には?」
「え~・・え~・・え~・・え~・・サモ・ハンキンポウ!!!」
「おやっ????」


「つか・・・よくこの南氷洋でヤドカリが生きていられるものですねっぅぅ!!」
「オィ!!!!!!!」


「ああぃぃ~!え~・・・まっ成り行きですからっ!話がこうなっちゃったんですから・・・」
「しょうがないと・・・・」
「はああ~ぃぃぃぃぃぃぃ!!」
「まっ!結果不動産業は大繁盛ですからよしとしますか」
「そですねっぅ!まさかっ!ミンククジラに氷の家を提供するとは思ちょりませんでしたっぅぅ」
「そうでス商才はあるのです!だが・・・いつも・・・」
「あらっぅ!それは、私が悪いと暗におっしゃっておられますかっぅぅ?」
「いえ!とんでもない!暗にだなんて!はっきりそう思ってます」
「あら、そんなにきっぱり言われるとは・・・・」

おやっ・・・・・・・・・・。
これではないような気がしてきましたっ・・・・・・。
やめましょうっ!!!キッパリ!!!!

凧揚げの話でした。
ちゃんと気がついていますよっぅてぃ!
これは!気がついていながら気がつかないフリをする高度な叙述ミステリーですねっ!
そして!最後に名探偵がこう言うのですっ!
「犯人はあなたです!!!!」

あっ!
そっぉぉ!そういえヴぁああですねっ!
昨日の「名探偵コナン」なのでうすがっぅ!
高校野球の決勝戦が行われている甲子園を舞台にしてですねっ!コナン君たちがデスねっ!携帯電話からの暗号と解いていって犯人を見つけるといったよな内容だったんですがねっ!
なんでもでうねっ!!岡島二人で同じよな内容のお話があったらしいのですがっ・・・。
はてっ?タイトルが思い浮かびません・・・。
どなたかご存知の方いらしゃいますぅぅぅぅかあっぅぅ???

ところで・・聞くところによると、この「名探偵コナン」とか「金田一少年の事件簿」とか・・。
けっこう古今東西世界のミステリーからネタパクっているらしいすねっぅ!
まっ!毎週!毎週!謎を考えるのってそら大変でしょうからね!
世界中から集めれば結構長く引っ張っていけるでしょうかねっ?
まっ!キャラクターによる所も多いですけどねっ!

でっ?????
何の話でしたっけっぅ??
そそそそそっぅ!
凧揚げの話でしたっぅぅ!!!!!


え~・・・・・・・・・・。
でもぅ~・・・・・・・・・・・。
もぅぅ~・・・・・・・・・・・・・・。
2000文字超えたから明日にします。
あんまり長く書いてもしょうがないですしねっぅ!



つか!
考えてないだろうっぅ!!!



あぃぅ!
[PR]
by katuo0076 | 2004-12-21 14:07