<   2012年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧
マグロの町。
 稲村ケ崎喜三郎(68歳)はマグロの町、青森県大間町の近海マグロ漁師である。

マグロ漁師生活40年。

大間のマグロ漁師の中でも大物の喜三郎と呼ばれ大物近海マグロ漁師のベテランである。


 だが、この五年超大物マグロとは遭遇していない。

  
 そう、あれは、五年前、喜三郎の心揺さぶる超大物マグロがいたのである。

その超大物マグロは、大間のマグロ漁師のなかでは、氷のマグロと言われ、

クールに、クールに、数々の大間マグロ漁師の策略をくぐり抜けてきた超大物マグロなのである。

そして、それは、喜三郎の針からもクールに逃れ、その超大きな姿を、誇示するかのように、

喜三郎の前をクールにジャンプして消えていったのである。


 それから、五年。

喜三郎は、待っていた、超大物マグロ、氷のマグロを。


 それは、それは、とても寒い冬のしけの日であった。

もちろん、そんな日には仲間のマグロ漁師は誰も出航しない。

だが、喜三郎は、なにかを感じたのかもしれない、

あいつが、あいつが、もしかしたら、もしかしたら、現れるかもしれない。


 喜三郎は、その感覚だけを頼りにマグロ漁をしてきたベテランである。

そう、そう、そして、その感覚は正解だった。


 喜三郎が烏賊を餌にしたマグロ一本釣りの針を荒れた海に投じると、すぐさま当たりがあった。

ぐいぐいと糸を引っ張るこの感覚っ。

おおつ、これは、っ、そう、あの、五年前の、あの感覚っ。

こ、こっこっこれはっ、幻の氷のマグロっ!!


 喜三郎は、そのぐいぐいくる手ごたえに喜三郎は狂喜乱舞するのである。

やっと、やっと、やっと、やっと、やっと、戻ってきたっ。

このために、このために、もしかしたら、五年間待っていたのかもしれない。

おお、氷のマグロっ!!

きっと、きっと、釣り上げてみせる。

この、この、この、





稲村ケ崎喜三郎(68歳)がっあーー!!!!













と、と、いったわけで、

icedayさん復活おめでとうございますは。
[PR]
by katuo0076 | 2012-01-15 20:51