043:輝(富田林薫)
輝きを集めて埋めて1000年後考古学者に喜ばれたい
[PR]
# by katuo0076 | 2012-06-23 19:02 | 題詠blog2012
042:稲(富田林薫)
いちめんの稲穂の揺れる金色の蒼き衣は降りたちそうだ
[PR]
# by katuo0076 | 2012-06-23 19:01 | 題詠blog2012
041:喫(富田林薫)
マスターはレコード針の指先を静かに研くJAZZ喫茶なら
[PR]
# by katuo0076 | 2012-06-23 19:00 | 題詠blog2012
040:勉強(富田林薫)
潮騒を学ぼうとする明け方に近づく海へ勉強机
[PR]
# by katuo0076 | 2012-06-23 18:58 | 題詠blog2012
039:蹴(富田林薫)
アクロバットな夜のようだね踊り場のダンスしながら蹴り上げる月
[PR]
# by katuo0076 | 2012-06-23 18:57 | 題詠blog2012
038:的(富田林薫)
漫画的な話をしよう夜空からぽんぽんと降ってくる吹出し
[PR]
# by katuo0076 | 2012-06-23 18:56 | 題詠blog2012
037:牙(富田林薫)
もうなにも理解出来ない国境の折れた牙から埋めてゆくから
[PR]
# by katuo0076 | 2012-06-23 18:55 | 題詠blog2012
036:右(富田林薫)
左側だったあなたの残像を薄れるための右折車線へ
[PR]
# by katuo0076 | 2012-06-23 18:54 | 題詠blog2012
035:むしろ(富田林薫)
記憶せよ春待つ海の光から突然ながらむしろ悲しみ
[PR]
# by katuo0076 | 2012-06-07 21:19 | 題詠blog2012
034:聞(富田林薫)
新聞に載るはずもない失恋をひろい集めて天使新聞
[PR]
# by katuo0076 | 2012-06-07 21:18 | 題詠blog2012
033:滝(富田林薫)
大切な話のような談話室滝沢までの地図を見つめる
[PR]
# by katuo0076 | 2012-06-07 21:16 | 題詠blog2012
032:詰(富田林薫)
瓶詰の雨を並べて六月よ天使が蓋をあけてはこぼす
[PR]
# by katuo0076 | 2012-06-07 21:12 | 題詠blog2012
031:大人(富田林薫)
これまでのいっさいがっさい悲しみのシーツを濡らし眠れ大人よ
[PR]
# by katuo0076 | 2012-05-20 19:03 | 題詠blog2012
030:敗(富田林薫)
もうだれもうそだとおもうこのまちにほほえんでいる敗者復活
[PR]
# by katuo0076 | 2012-05-04 18:51 | 題詠blog2012
029:座(富田林薫)
星座版くるくるまわしこの空はこんなひかりのある場所なんだ
[PR]
# by katuo0076 | 2012-05-04 18:50 | 題詠blog2012
028:脂(富田林薫)
油脂ひとつ光のように燃えているそれは最期のあなたのあかし
[PR]
# by katuo0076 | 2012-05-04 18:49 | 題詠blog2012
027:損(富田林薫)
損益分岐点からひかれひかれば粒子加速器の使い方おもいだす
[PR]
# by katuo0076 | 2012-05-04 18:48 | 題詠blog2012
026:シャワー(富田林薫)
星空の蛇口をだれかしめわすれ流星群のシャワーを浴びる
[PR]
# by katuo0076 | 2012-04-01 18:12 | 題詠blog2012
025:触(富田林薫)
触覚をひろげて笑う西友の自転車置き場 駆け出しそうだ
[PR]
# by katuo0076 | 2012-04-01 18:11 | 題詠blog2012
024:玩(富田林薫)
もう僕があそんであげる灰色のだれもしらないかなしい玩具
[PR]
# by katuo0076 | 2012-03-11 19:40 | 題詠blog2012
023:必(富田林薫)
失恋の泣いているはピアニスト 必要なのはひかる長調
[PR]
# by katuo0076 | 2012-03-11 19:37 | 題詠blog2012
022:突然(富田林薫)
突然の雨のようだね 赤、青、黄、白、傘の花ひらかれて 春
[PR]
# by katuo0076 | 2012-03-11 19:36 | 題詠blog2012
021:示(富田林薫)
曲がるなら空の果てまでゆくような勇気に光れ方向指示器
[PR]
# by katuo0076 | 2012-03-07 21:50 | 題詠blog2012
020:劇(富田林薫)
あたたかな演技のようなあのころの小劇場を森に建てます
[PR]
# by katuo0076 | 2012-03-07 21:48 | 題詠blog2012
019:そっくり(富田林薫)
そっくりな鳩がいるから昼下がりポップコーンの袋を開く
[PR]
# by katuo0076 | 2012-03-07 21:47 | 題詠blog2012
018:希(富田林薫)
まだ浅い春の日差しに植えてゆく土筆のような佐々木希を
[PR]
# by katuo0076 | 2012-02-26 19:25 | 題詠blog2012
017:従(富田林薫)
夕暮れに行方知れずの兄さんが従兄弟のふりをして現れる
[PR]
# by katuo0076 | 2012-02-26 19:24 | 題詠blog2012
016:力(富田林薫)
もう空は理解できない突然の力よちから解き放たれて
[PR]
# by katuo0076 | 2012-02-26 19:22 | 題詠blog2012
015:図書(富田林薫)
春の日の小道をたどる一片の詩をひろったら森の図書館
[PR]
# by katuo0076 | 2012-02-26 19:21 | 題詠blog2012
014:偉(富田林薫)
偉大ならすべての線を消し去ってすべてとすべて同心円に
[PR]
# by katuo0076 | 2012-02-26 19:20 | 題詠blog2012