002:幸(富田林薫)
とおく種であったころの幸せを砂丘のすみから植えてゆきます
[PR]
by katuo0076 | 2011-02-01 21:10 | 題詠blog2011
<< 003:細(富田林薫) 001:初(富田林薫) >>