036:暑(富田林薫)
ただ夏の暑さが記憶ひまわりの高みは何処にふれようとする
[PR]
by katuo0076 | 2011-06-19 16:30 | 題詠blog2011
<< 037:ポーズ(富田林薫) 035:罪(富田林薫) >>